ダンスブログ 2019

DANCE BLOG Vol.3 松岡梨絵さん「わたしのバレエ遍歴」


<プロフィール>⠀

松岡梨絵
インスタグラム @rie.matsuoka.ballet

4歳より芥川瑞枝に師事。⠀

2000年こうべ全国化洋舞コンクール第1位など数々のコンクールで入賞。⠀

2002年Kバレエカンパニーにソリストとして入団。⠀

2007年プリンシパルに昇格。⠀

主演作に「シンデレラ」「海賊」「くるみ割り人形」「ドン・キホーテ」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ジゼル」等。⠀

プティ振付「若者と死」「カルメン」主演、アシュトン振付「真夏の夜の夢」タイターニア、「二羽の鳩」ジプシーの少女、バランシン振付「セレナーデ」「シンフォニー・イン・C」プリンシパル、ヌレエフ版「ライモンダ」第三幕ヴァリエーション、長島裕輔振付⠀
長島裕輔振付「Evolve」等がある。⠀

2004年メトロポリタン歌劇場にてアシュトン振付「ラプソディ」に出演。2006年上海大劇院での「ドン・キホーテ」にメルセデス役で出演。⠀

2013年同カンパニーを退団。退団後は都民芸術バレエフェスティバル「眠れる森の美女」に主演など、フリーランスで活動中。⠀


<Q & A>⠀

1️⃣ 踊りをはじめたきかっけ⠀

 身体が弱かったのでバレエを始めました。赤ちゃんの時はお風呂に入れると熱を出し、小学生まで喘息があり、発表会前などにも熱や喘息が出る子供でした💦⠀


2️⃣ 時代がどんなに変わっても、絶対に変えたくない方針、ポリシーは何ですか?⠀ ⠀

  バレエだけではないと思うのですが、最終的には「人間性」だなと思っています😌⠀


3️⃣ 踊りを通して、今まで一番嬉しかったことは?⠀

 たくさんの方々との出会い⠀

4️⃣ 第二の人生(引退後)は何をしたいと考えていますか?⠀

 特に考えていないのですが、バレエが大好きな人達に踊る楽しさ、その中でも大切なことを伝えていきたいかなぁ… でも身体のためにレッスンは続けると思います✨⠀


5️⃣ 愛用しているバレエシューズは?⠀

 バレエシューズはほとんど履かないのですが、チャコットかブロック⠀

6️⃣ 愛用しているポワントは?⠀

 フリード⠀

7️⃣好きなダンスウェアブランド(3つ)を教えてください⠀

 アプローズバレエ、チャコット、フリード


📷 芥川博之⠀


=======================

私がバレエと出会ったのは4歳の時です。

身体がとても弱かった私に「何か運動をさせよう」ということで始めたのがバレエでした。

偶然、幼稚園の通園途中にある、町の集会所でバレエ教室がスタートするということで、そこで出会ったのが恩師である芥川瑞枝先生のバレエスタジオでした。
当分の間は週1回で、小4くらいで支部にも通うようになり、ここで週2回というペースでした(^^;
小6の時、地元広島でコンクールが開催されることになり、急遽出場することに…

準備期間が10日間くらいしかなく、慌てて練習を始めました。

その時に踊ったのは「金平糖のVa」で、練習初日から具合が悪くなり、レッスン後嘔吐…という調子でした。
運良く1位を頂き、バレエに集中するようになったのはその頃からでしょうか…



中学生の頃も、テスト中だろうが熱があろうが休まずレッスンしていましたが、バレエの為に何かを休む…ということはなく、ごく普通に中学生活を送り、高校へ進学。

中学3年生くらいから太り始め、高校の頃はピークでした。

言われるのは「太い」「痩せなさい」ばかりで、バレエは好きなのだけれど、少し辛い、離れたい…という気持ちも正直ありました。
中学の頃から、自分のクラスの前に、小さい子達のクラスのお手伝いをしたり、お掃除をしたりということをやっていましたので、高校の頃もそれを普通にやっていました。 高校卒業後は、恩師に弟子入りのような形で、最初の1年間は見習いで、毎日朝から晩まで先生について回っていました。 朝10時からアシスタント的なことをし、夜には踵が痛くて立っているだけでも辛く、踵に綿を入れていたこともありました。 朝入れるので、昼前にはペシャンコになってしまっていたのですが…(笑) 高校の頃は太っていたので、コンクールなんて自分には無理!と思っていましたが、バレエだけになって目標が何もないのも…ということになり、少しずつ他県のコンクールに出るように。広島から近くて行きやすかった、こうべ全国洋舞コンクールに出場するようになり、入賞~そして1位を頂きました。 1位を頂いた後も地元広島でやっていくつもりでしたが、次第に自分の実力を試したくなってきました。 そんな時、偶然「K-Ballet Company」のオーディションの記事を見たのです。 留学経験も何の経歴もない自分がどうなるのか…ダメ元で書類を出し、オーディションを受けました。 驚くことに、ソリストとしての入団を許され、周りは留学経験者ばかりで、「メイドイン広島」の私は何も分からず、ただ嬉しいばかりでした。 入団当初から役を頂き、少し甘えが出てしまい、その甘えが身体の緩みとなり、太ってしまいました。 このままではいけないと思い、独学で「無理のないダイエットをしよう」と短期ではなく、時間をかけて、減量しました。 それまでの経験上、短期間でのダイエットは必ずリバウンドする!というのが頭にあったからです(^^; 自炊し、まずは3食きちんと食べることから始め、少量のお弁当を持参したり、玄米にしたりしていました。 少しずつ痩せ始め、痩せるとそれまでより重要な役を頂けるようになりました。 その頃の全幕新作「ドン・キホーテ」のメルセデスなど、印象的な役を沢山踊らせて頂くように… そして「ドン・キホーテ」のツアー中、ファーストソリストに昇格しました。 そして、初主演の「ジゼル」終演後、ジュニアプリンシパルに、「白鳥の湖」終演後にプリンシパルに昇格しました。 入団当初は、プリンシパルなんて夢にも思っていませんでしたし、何もなかった私を叩き上げ、育てて下さった熊川ディレクターには、感謝の気持ちしかありません… その後も、全幕新作で主演、DVDなどにも出演する機会を頂き、決してバレエ向きではない、ただ広島から出て来た私を引き上げて、世に出して下さったこと、今でも「よくこんな私を…」と思い返します… 入団から11年、結婚をし、妊娠を機に体調不良だったこともなどもあり、退団しました。 切迫流産で絶対安静という不安な毎日でしたが、バレエが好きだという気持ちがいつも心の中にあり、出産後はフリーランスで少しずつ舞台に立つように… 2013年に1人目を2018年に2人目を出産、高齢出産からのスタートですが、ありがたいことに2人目以降も舞台のお話を頂き、「お声をかけて頂くうちは頑張ろう」という思いから、続けています。 1人より2人になると、より毎日が時間に追われ、熱や病気などで、全く予定通りにいかない日々を送っていますが(笑)、その日その時に出来ることを精一杯やっています。 少しの合間をぬってレッスンしたり…無駄にしないようにしています。この気持ちは広島で育まれ、カンパニー時代に培われたものだと思っています。 辛いこと、逃げたくなることもありましたが、今となっては「やっていてよかった」と思うことばかりで無駄なことなど1つもありません。 今は夫の出身のバレエスクールのお手伝いをしていますが、プロのバレリーナにならなくても、いずれはみんな社会に出る… バレエを通して、社会に出た時にみんなに愛される人になっていって欲しいと思っています。 「やっていてよかった」と思う日が必ず来ると信じています…そして、若い時に夢中になるものがあり、1つのことを続けてきたということを自信につなげていってほしいと思っています。 今までは、「与えられる」バレエでしたが、これからは「伝える」バレエになっていくと思っています。 でも、まだまだ未熟で勉強する身。 これからも、色々な人に会い、見たり聞いたり、人としての器を広げていきたいと思っています! 好きなことを続けていられる、こんな幸せなことはないですから…








ニュースレターのご登録


DANCE BLOG


モバイルサイト1万円以上送料無料スペシャルディスカウントアプローズバレエ アンバサダー

Add Friend

Brand list













logos

logos








カレンダー
  • 今日
  • 定休日

通常、48時間以内にご連絡を差し上げております。(日本時間日曜、月曜、アメリカの祝日の翌日を除く)

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ